So-net無料ブログ作成

やっぱ雪少ない

この冬の新潟島、本当に雪が少ないです。
冬の初めに折畳んで家の中にしまっていたミニサイクル、午前中に引っ張り出してきました。
そのチャリンコで出かけた仕事の帰りに白山公園に寄り道。
白い梅のつぼみが膨らみかけていましたよ。

qIMG_5797.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

窓辺で

窓辺に置いてあったカランコエの花が咲き出しました!
日照不足気味でひょろっとしてるけどね。

qDSC00007.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

映画「エンド・オブ・ザ・ワールド」 [映画]

映画「エンド・オブ・ザ・ワールド」映画「エンド・オブ・ザ・ワールド」原題:Seeking a Friend for the End of the World
アメリカ 2012年 日本公開は2013年
久々に家で映画です、ツタヤ行ってレンタルしてきましたよ。

「SFもの」と思って借りてきたのですが「ロマンスSF」的な作品でした(*^。^*)
見てるうちに「あれ、コレのシーンと似たエッセンス何処かで見たような・・・??」
「あれ~、これも!あれも?!」って感じで、そんなシーンや何処かで見た顔つきなどがどんどん出てきます。
実は「エンド・オブ・ザ・ワールド」って「ロマンス・パロデイ・SF」映画だたんだね。
ストーリーが進むにつて、なんだか一人でニヤニヤしながら見ていました。

でもね、このシーンから続く浜辺のひと時だけは意味不明なのですよ(?_?)
浜辺のシーンのあいだじゅう一人取り残されたような感じで寒かったですよ。
きっと似たようなシーンが何かの映画にあるんでしょうね。
知ってる人、教えてね(^_-)☆




ネタばれになりますが、
地球滅亡が迫る中、色々あって性格の違う二人が旅をする的な。
話の後半で年齢の話が出てくるまで気付かなかったのだけど、50過ぎのオジサンと28歳の女の子とのロマンスなのだ。
性格が違うのは分かっていたけど、まさかそこまで歳が違うとは・・・
主人公と似たような年齢の筆者は「え゛っ、28さいっ ('◇')!」 とマジ叫びそうになりました。

A級映画じゃないかも知れないけれど、「見てよかった」という満足感のある、良く出来たなんだか不思議な映画です。

久々なので長く書いちゃいますよん~♪

で、皆さん、世界の終わり・・・地球の終わりが来るとしたら何をします?
災害が怖い筆者は、時々考えるんだよね、そんなこと。
いつも通りに規則的な生活を続ける人、
生活を投げ出し、やりたかった事に没頭する人、
自暴自棄になって破壊的な行為に走る人、
色々とあると思う。
そんな時は何世紀も続く宗教さえも人に希望を与えるのは難しいしね、おそらく。
だから、たぶん、そんな事態になったら、政府は治安維持のために嘘をついて「壊滅的な災害は免れる見込み」と発表するんだろうね。
真実を知るのは、関係してる科学者と、政治家や上級官僚、そして災害や科学に見識がありデータの分析力がある一部の一般人。

殆んどの市民は、何も知らされることなくその時を迎えることとなる。
目の前に迫り来る恐怖と現実、それと長時間に渡り戦える精神力を持ち合わせてる人は少ないからね、
実際「知らないって事」は「ある意味 幸せ」なのかもしれない。

そんな現実があるから、そう、この映画の世界は「あくまでもお話の世界」ってことなんだよね。
でも、もしソレを知ってしまったらあなたはど~する?
最期の時までの短いかけがえの無い時間、何をしたい?誰と過ごす?
東日本大震災のあと、「いま会っとこ」「やれる内にやっとこ」と思った人、多いと思う。
地球の終わりは何時来るか分からないけど、大災害はもっと短いサイクルで(地球時間的にね)、人の寿命なんか一瞬みたいなもの。
だから、筆者も、どこかで、きっと、28歳の彼女 (*ー"ー)ノ☆)゚ロ゚)
パンチが飛んで来るっ、そんな妄想は捨てて。
そう目の前にある今の時間を大切にしたいものですね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

しょっぱい?生姜焼き

運の悪い日ってあるもので、、、
今日のお昼は「たまには贅沢、久々に中華やさんで回鍋肉ランチでも食べよっ☆」って、たまに行くお店に向かったのです。
うぅ?なんだか、入り口が暗い感じぃ?
ドアに白い紙、張り紙だ、「2/1より改装のためお休みします・・・」
がーん(゜o゜)
この寒空、この空腹にこの仕打ち、ガッツリ落ち込みます。
しょうがないから移動しましたよ、少し離れた和食屋さん。
始めて入るお店です。
入り口のメニューを見ると
「おっ!俺の好きな豚生姜焼きランチあるじゃん!!」
ちょっと機嫌が直ります、ウキウキ
テーブルに案内され、おねえさんに「豚生姜焼きお願いします!」ってズバッと頼みましたよ。
で、落ち着いて周りを見回すと、お昼時なのに7割空席、ナゼ?
そんな空席が目立つせいか結構早く出てきました豚生姜焼き(^。^)y

生姜焼き結構と黒いんですけど、なんだか香ってくるご飯の香りが微妙~
落ち着いて、落ち着いて、まずは味噌汁から
箸を手にしようと割り箸の袋に目を落とすと、そこには見たことのある飲食店の名前も。
ライブや宴会も出来るお店とかね、色々と街中に何店も出店してるグループの系列店のようです。
で、袋を開け箸を手にしてお味噌汁へGO!
一口、軽るく口の中に入れると、「なに?この疲れた味」
きっと気のせいだよね、鼻を近づけて確認すると匂いは普通。
では、もう一口
「マズ!やっぱダメ、きっと俺の口に合わないっだけ?たぶん」
気を取り直して生姜焼きへ箸を進めます。
「見た目、黒くて油っぽいよね」
箸で取り上げたお肉を口に入れました。
「塩っぱ!」
噛むと油っぽさと微かな焦げっぽさが口に広がります。
しょっぱいのでご飯が食べたくなり、お茶碗に箸を。
「って、微妙なお味だし、このご飯。」
再び肉に行きます
「さっき取った所だけ塩が固まってたんかも。」
と思いながらね。
「やっぱしょっぱいじゃん、肉の食感も乾燥したみたいな感じだし。」
お皿の上の暗い色した肉たちを良~く見る、と、灰色のごにゃごにゃが沢山寄り添ってます。
再冷凍した肉を焼くときに良く目にする肉から出てくる汁が固まって灰色になるやつ。
あれが、こんなに大量に!どうしちゃったの!?

ドレッシングのかかったサラダは唯一まともな味ですが、なぜかその傍らにマヨネーズがこんもり。
「訳分からん(・へ・)」
大好きな肉は我慢して全部食べました、それとサラダもね。
お肉がしょっぱかったのに、ご飯は半分残っちゃった。
味噌汁は9割残しました。
根性無くてゴメンなさい。
でも、どうしても食べれなかった。
ってか、プロでしょ、食材をこんなにして、怒りさえも感じる。

満腹感は得られぬままレジへ、
人居ないし、厨房からお喋りの声。
レジの辺りで動いたらセンサーが反応して厨房から「ピンポン」って音、
おねいさんが出てきてレジへ、味も悪いけど後味も悪い。
どーよ、ソコソコのお金取るのにね、コスオパ悪すぎ。

外に出ると雪がビシバシ吹き付けてきます。
激落ち込みますた、すんごく欲求不満(食欲的に)も残ってる。

*あまりに醜いのでお店の名前は伏せておきます。

で、そんな日の夕食。
美味しい定食物が食べたいけど、わざわざ出掛けて別のお店にリベンジする元気もなく・・・。
なに食べよう?
って思いついたのが、こないだ名古屋のイオンで買ってきたコレ!

qDSC04424.jpg

ジャジャーン「台湾ラーメン」(カップ麺)
具は寂しいし、麺は昭和のカップ麺?って感じだけど、そこはチープなカップ麺だから全然オッケイ!
なにより、ズーンと来る辛さと、あのコクのある味の雰囲気、そう雰囲気はよく再現されていました(^_^)v
結構満足、ちいさな幸せ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

すぐにキーンとする [夕日]

「今年一番の寒波襲来!」とメディアが騒いでいたけど、新潟島は雪が少ない。
今シーズンは、いつも以上に雪雲は海岸部を避けてるみたい。

天を仰ぐと青空も見えるので海岸通りへ・・・見た目「爽やかな海辺」だけど、実は寒いんです!
ボタン操作する為に素手で持ったカメラは、風が強くて静止できないっす。
「なんとか夕焼け雲を・・・」と頑張ってはみたものの、すぐにキーンとするw
気温は氷点下3度程だけど、吹き抜ける強力な潮風が即効で温度を奪ってきます。
3分と持たずに指の感覚消失(*_*)!!

qIMG_5799.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

白いものがヒラリヒラリ

知り合いから頼まれた仕事のデーターを取りに・・・
家を出るとき青空が見えてたのでチャリンコで向かったら、
え゛っ!空が暗くなって、目の前には白いものがヒラリヒラリ(゜o゜)

帰りに道草して白山公園へ。

qIMG_5862.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

本格的な雪に [夕日]

年の暮れからずーと少雪だった新潟島。
昨日から攻めてきた冬将軍のせいで、今シーズン初めての本格的な雪に。

砂浜を覆う雪、久々だね。

qIMG_5934.jpg

厚い雲の切れ間から、薄水色の空をバックに夕焼け雲。
ちょっとだけ見えました(^_-)-☆
意外と海は静か、吹きつける風に小さく波立ってるだけ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

頭に皿

「頭に皿」と言っても河童ではありません(~o~)
今日の朝いつものようにミニキッチンで歯を磨いていました。
右手に歯ブラシを持ちつつ、顔をシンクにずずっと近付けて、口からペッてすすいだ水を吐き出したら・・・
頭に コン! って?
そして目の前を白いものがスッと通過して、
シンクからガチャン!って音。
しっかりシンクを見たら、小皿が見事に割れてる(・。・)
触れてないのに、なぜ?
「頭にコンッと当たるのは、このタイミングだけ」という、まるでコントの1シーンみたいな絶妙なタイミングでだよ、なぜ?
ひと時、一人で、微妙に うけた けど^_^;

ミニキッチンなので、シンクの上のほうに水きり棚があるんだけど、そこに置いている皿は3枚。
みんなスリット状のところに安定して置かれていたはずなのに、ナゼこの皿だけ?
不思議っす(?_?)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ときどき穏やか [夕日]

寒さ絶頂の2月の新潟市でも、ときどき穏やかな夕暮れもあるんですよね、今日みたいな。
西の空には雲は多いけど、カメラを持った手がキーンと冷えることはありません。
上空は青空、そしてお月様!
こんな空でも、めっちゃ疎らではありますが、時折大粒な雪が落ちてくるんですよ。

qIMG_6011.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

未体験で終了

いや~、未体験のまま終了していまいました。
そう、それは「なか卯」の牛丼です。
なか卯は、牛丼系のお店としては新潟市の出店が遅かったので、馴染みの無いお店だったのです。
しかも、筆者のとこから比較的近い場所のなか卯は、「なぜゆえにこんな場所に??」と、不思議に思うような立地に出店したせいもあり、開店してからしばらくの間は、いつもガランとしていて「入りにくいお店」だったのですよ。
でも、最近はちょこちょこお客さんも入ってるからね、「そろそろ行ってみようかな(^。^)」と思っていたところだったのです。
そんなところに、「なか卯の牛丼終了」のニュースが飛び込んできました(゜.゜)
そこで、「こりゃ牛丼食べとかなきゃ!」と、昨日の夕方に近くの「なか卯」に行きましたよ。

qIMG_1280.jpg

入りにくい駐車場に車を止め、お店に入ろうとすると、ドアに張り紙。
えっ!もう牛丼終わってるって!!
なか卯の牛丼、未体験のまま終了となりました(ToT)へ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

なばなの里 イルミ

きれいきれいっす!!
なばなの里のイルミネーション☆

とりあえず1枚

qDSC04514.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ドリームリフター!

日曜日に、念願のドリームリフター見れました!!

qIMG_6064.jpg

次は着陸か積み込みが見たいな。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

白川郷って

月曜日、帰りに寄り道した「白川郷」
想像以上に観光地だった!

平日のせいか観光客の質が(・へ・)
ちょいガッカリ
ちょいマナーの悪い高齢アマチュアカメラマンに、
ちょいガサツな オバサン オジサン連中、
・・・
結構目立ってたアジアからのお客様は、意外と普通な感じだった。
大丈夫か、日本の高齢者、
日本人らしいマナーは何処かに捨てたのか(-_-)

ちょっと「毒」吐いちまいました(^^ゞ
いつもはそんなんじゃないよね、きっと。

qIMG_6128.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

雪、ないんだよね [夕日]

UPするのが遅くなってしまった、昨日の夕焼けです。
久々の海岸からの夕焼け。
新潟市、全然雪ないんだよね。
青空も結構見えるけど、やっぱ寒い(~_~;)

qIMG_6245.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

風さえ穏やかなら [夕日]

寒々とした暗い感じの夕焼け空。
だけど、例年のような叩きつけるような風さえなければ、寒さもソコソコ。
今冬の新潟市、こんなに雪が降らなくってホントにいいのかな?
山梨や群馬など、ドカッと雪の積もった地域の方には申し訳ない気持ち・・・

qIMG_9211.jpg


各地に大変な被害をもたらした先週末からの雪。
その特徴は「水っぽい重たい雪」って事なのですよ。
雪の抵抗が大きくて、慣れてないと車が進まなくなっちゃいます。
テレビ見てて「後輪にチェンを巻いたトラックが空回りして全然進まない」ってのがありました。
後輪の周囲の雪は取り除いているようでしたが、一番抵抗になってる前輪の前の雪がそのままのようで・・・
さらに、後輪の周辺ではアスファルト面が出ていました。
チェンは、雪や圧雪の上では有効ですが、アスファルト面では滑って逆効果なんですよ。

<<重い雪で車がスタックしない為のヒント>>

重い雪で埋まらないコツをもうひとつ、それはとにかくハンドルを切らないこと。
重い雪の中で動かなくなる原因の多くは雪の抵抗です、
普段は気付いていないかもしれませんが、ハンドルを切ることは結構と抵抗になってるんです。
と言うか、抵抗があるから曲がれるんだけどね。
だから、動き出すときはハンドルは真っ直ぐ。
少し勢いが付いたところで、少しずつ切ってく感じ。

もうひとつのコツは、止まる前に平面を確保すること。
停車するときに、雪にのめりこんでググッと停止してはダメです。
そのググッとなったところで、直ぐにバックに入れ振り子のように数十センチ程度
車を数回前後させて路面の雪を圧縮してタイヤの前後に動ける平面を確保します。
そうしておけば、次に発進するときに勢いをつけて動き出せます。

まだ、動けるうちにみんなで助け合って押しましょう。
車の轍ができれば、圧雪になりそこそこ走れます。
しかし停車時間が長引くと、車の走ってない道は抵抗の大きな雪原と化して、
本格的なオフロード4駆でもないと走行不可能な道路に。

そして、雪の多い地域に行くときはスコップは積んどきましょう。
自分の道は自分で切り開く!

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

映画を見るスピーカー [映画]

今週はガランと予定があいたので、前から少しずつ準備していた映画を見るスピーカーの入れ替えをしました。

変更前
Alesis Monitor One MKII x4 + BEHRINGER18インチサブウーファー

qDSC04610.jpg


変更後
PEAVE PR15 x2 + ELECTRO-VOICE SX80 x2 + BEHRINGER18インチサブウーファー

qDSC04611.jpg

qDSC04612.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

西の空は渋い色 [夕日]

今日の夕暮れ時、夕日の沈む側はやけに渋い色

qIMG_9289.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

昨日とは違いキレイな夕焼け色 [夕日]

妙に渋かった昨日の夕焼け色。
今日は青空の割合が昨日より少なめだったのに、西の空はキレイな夕焼け色!
染まったのは海に近い低い位置だけだけどね。
ナゼゆえに、この色の違い、不思議だね!?

qIMG_9479.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

黄色い太陽 [夕日]

「○△□すると、翌朝の太陽が黄色く見える」って言うけど、そんな事しなくても見えました今日の夕日。
今日の夕日は黄色い太陽です。
PM2.5の影響かな?

qIMG_9708.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

秒速5センチメートル [映画]

秒速5センチメートル 2007年公開 日本映画(アニメ)

たまにツタヤに映画レンタルしに行くのですが、「なんだか借りたい映画が無いな~」なんて時に立ち寄るのがアニメコーナー。
実は筆者、このジャンル全然詳しくないんですよ。
でも時々「当たり!」もあるんですよね。
今回はビックリの大当たり☆彡だったのだ(*^。^*)

「秒速5センチメートル」、お勧めコーナーに前からあるこの作品、アニメ区画を通るたびに気にはなっていたのです。
で、先日、桜が舞うジャケの絵を見て、「もうすぐ桜の季節だよねヽ(^。^)」って事でレンタルしてきました。
この作品、時の流れと共に進む三話構成になっています。
第一話でバックに流れるインスト、「えっ、どっかで聞いたような・・・」
って、山崎まさよしの「One more time One more chance」ではありませんか!
筆者、この曲好きなんですよ!!
好きだから歌いたいけど、でもね、この曲って、暗いし、長い曲なのでカラオケで歌うのには向かないんだよね。
そんな話はさておき、作品の方へ・・・
映像では、アニメならではのカメラアングル、そして光の扱い方、好きですこういうの。
声もいいよね。
登場人物、彼女役の見た目のキャラ、それと話し方のキャラがもう少しハッキリしていたらベストだったかも。

筆者が学生時代に過ごした事のある「小田急線沿線」、そして県は違うけど身近にある「田舎の雪景色」「電車のドアの開閉ボタン」、宇宙にちょっと興味ありの筆者にはツボのロケット打上げ所のある「種子島」、筆者が子供の頃に通っていた学校の校区には社宅が多かったため「転校生」・・・なんか入り込んじゃう要素がたくさん。
この映画を見ていて、画面の中への入り込み具合というか共感具合は、見る側の生活環境や体験などによってカナリ違うかと思われます。たぶん。

もろネタバレになりますが、三話目では、一話目や二話目と違って短い時を早足で時が流れてゆきます。
そして、最後はハッピーエンドでは無い感じ(・。・)
甘いものに満たされていた世界から現実に引き戻された感じ。
でもね、登場人物はまだ若い、人生はそこで終わりじゃないよね。
そこから続く第四話、第五話をみんなの心の中で育んでいって、そこでハッピーエンドになれば良いんじゃないのかな。

あと1ヶ月ほどで桜の季節、桜前線中後半に位置する新潟はもうちょっと先だけどね。
あの桜の咲き誇る「桜色」の中に身を置くと、なんだろう、不思議とほんわりしたもので心が満たされるよね。
これからの時期に見るのには最適な映画かと、恋してる人も、恋に縁の無い人でも、そんなの関係なくお勧めだよ(^_-)-☆

秒速5センチメートル公式サイト
http://www.cwfilms.jp/5cm/

トレーラー(CMの後で始まります)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。