So-net無料ブログ作成
デジタルカメラ ブログトップ
前の15件 | -

PLフィルター [デジタルカメラ]

いやー雨の日曜でしたね、新潟市は。
土曜日に保育園の運動会の撮影行ったら、膝の表側が痛い!
階段の登り降りが苦痛なほどの痛さです(T_T)
園児目線に合わせた低い姿勢での撮影が多かったせいかな~?
昔々、スキーで滑りすぎた時の膝の痛さを思い出しました。

そうそう、時々雲の合間に虹が見える事があるのですが、写真に撮ると薄っすらとしか見えなんですよね。
そこで2週間程前に、いつも持ち歩いてるレンズに合った口径のPLフィルター、中古だけど買っちゃいました。
qDSC02540.jpg

でもね~せっかく買ったのに、さっぱり出番が来ない。
そんなもさね(^^ゞ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

雲の質感が撮れる [デジタルカメラ]

いま手元にSIGMAのデジカメDP1sがあります。
昨日の一枚目の画像、実はこのDP1sで撮ったものなのですよ。
でも上がってきた画像に問題があって・・・せっかくの広角なのにトリミングして中心部だけ使ってます。
シグマのデジカメ?っと思う方もいらっしゃると思いますが、結構前からあるんですよ、これが。

筆者はデジカメが数十万画素の時代から使っておりました。
最初に買ったトイデジカメ的な安いやつ、色々問題があったものの凄い切れの良い絵が出ていました。
その代わり、時々画像中にちっさな虹が出てたのですよ。
そう、安物だったのでローパスフィルターなんか付いてなかったのですよ。
その後、100万画素代の有名メーカーコンパクトデジカメ買ったのですが、画素数が向上した割にはキレがありませんでした。
今の大多数のデジカメってローパスフィルターでボカシた後、画像処理でシャープを掛けているのですよ。
最近のデジカメは画像処理が高度になり、輪郭のあるものはローパスフィルターの弊害が無視できるくらい良く見えるようになってきてますが、輪郭のハッキリしない物は苦手。
特に雲、コントラストの低い雲は「えっ、ピント合ってたはずなのに!?」って思うほどグダグダな絵が出てくる事ありませんですか?
そんな必要悪でもあるローパスフィルターが無用の受像素子が「FOVEON」なのですよ。
(ここではその構造は説明しませんが)
登場時からずーと欲しかった「FOVEON」のデジカメ、当初は2社から発売されてた記憶がありますが、どちらも高価!
しかも使い辛い。
とても筆者の手が届くものではありませんでした。
それから10年待ちました、やっと中古なら手に入る値段になりました(^^♪
モデルも進化してそこそこ使いやすくなりましたしね。
で、朝の雲の写真
qSDIM0039.jpg

JPEG出力ですが雲がスッキリと描かれています。
WBは太陽光、普通のコンデジだともう太陽光ならちょっと青っぽいかと。
元々AFが苦手なカメラ、こんな絵柄だとピントが合わないのでMFです。
よく見ると周辺光量低下と言うよりも、周辺が緑っぽく色かぶりしてますよね。
夕焼け雲だとこの周辺の緑かぶりが凄く目立つのです、残念。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

現役続行 DSC-J1 [デジタルカメラ]

しばらく使っていなかったので、充電器がどこかに行っちゃって(~_~;)
「もう使わないよね!?」ってポイしたのですが・・・
ひょんなトコから充電器が見つかった!
ので、ゴミ箱から救出。
1-P1070213.JPG
サンヨーのデジカメ Xacti DSC-J1
発売は2003年3月
と言えば、なんと9年前のデジカメなのだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

重いんですよ^^; [デジタルカメラ]

知り合いに、毎年のように宴会の写真頼まれていまして・・・
宴会場は普通の高さの天井で外光と蛍光灯のミックス光なんです。
ストロボ焚かないと厳しいのですよ。
バウンスや小型のディフューザーなど試してきたのですが、どうも露出や光の周り具合が安定しなくって、
写り具合がOKAPi的にはイマイチ満足できなかったのです。
悩んだ挙句、今年は新兵器を導入しました。
それがコレ。
qP1060936.jpg

カップ麺タイプのディフューザーです!
箱には「Professional Lambency Flash Diffuser JYC」と書いてあります。
「ドームバウンサー」とも言うみたいです、580EX対応の品。
ボンビーな筆者は古い550EX使ってるんですが、580EXタイプで問題なく付きましたよ。

最初に良い点
上向け(バウンス)で使ったのですが、光のまわりはイイです!
側方と上方の光の配分がちょうど合ってるみたい。
あと、安かったです、ディフューザーとしては超廉価。

で、悪い点
噂には聞いていたのですが「重い」です。
Kissなんかに付けるとバランス悪すぎ&シューがもげそうで怖い。
しかも重心が高くなるので不安定&途中の位置に止まらない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

CN-126のグラグラ防止 [デジタルカメラ]

夜のお祭りでなかなか活躍してくれるLEDビデオライトCN-126、
そこそこ明るくて、色合いも良くて、電池の持ちもよい・・・・
が、首がグラグラするんだよね。
長めのステーを挟んで関節が2ヶ所もあるのが原因みたい。
qP1040101.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

20Dの電池 [デジタルカメラ]

夕陽の写真など撮るのに使ってるデジカメ CANON EOS20D が電池切れ。
バッテリー交換をすると、日付が初期値に戻っちゃうんです (~_~;)
qP1030763.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

寒さ対策 デジイチの強力バッテリー [デジタルカメラ]

いや~、寒い日が続きますね。
新潟市の寒さも一休み・・・と思っていたら、夕方から、また雪がちらついています。
そんな時期の冬の撮影、バッテリーがすぐ無くなります。
化学反応で電気を送り出しているバッテリーは、寒いと弱るんですよね。
筆者の使っているカメラ CANON 20D のバッテリー BP-511 は、気温低下の影響、すんごく受けやすいんですよね。
そこで対策を講じました。
用意したのは、
1. 最近出番のない旧式のminiDVビデオカメラ用外付け大容量バッテリー
2. 純正ACアダプター用カプラー DR-400
3. miniDVビデオカメラ用外付け大容量バッテリーのコネクターに合うプラグ

出来上がったのがコレ
qP1030619.jpg

外付け大容量バッテリー本体を、あったかポッケに入れておけば、どんなに寒くってもバリバリ元気です。
こんな優れもの、純正でも製品化してほしいです。

※ご注意!!
カメラやバッテリが破損する場合がありますので、決して真似しないでください。
うまくいかなくても一切責任は取れません。改造する場合は自己責任で。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

LEDビデオライト CN-126 [デジタルカメラ]

最近お祭りなどの動画の撮影をポチポチ再開したのですが、HD動画を撮るために使っているのがデジカメDMC-FZ28なのです。
暗いところに弱い、ビデオカメラよりも広角側で撮るのでビデオ用のライトじゃ真ん中しか照らさない、等の問題が発生。
お金をかけずに、そして装備が重たくならずに解決する方法はないかと調べていたら、最近では「LEDビデオライト」という便利なものがあることが分かりました。

PL120・VL-300・VL-300Cなど・・・色々あるLEDビデオライト中から選んだのはCN-126。
なにより配光が良さそうだからです。
そのうえ価格も安いですしね。
qP1020814.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ホワイトバランスって? [デジタルカメラ]

今日はバイトがお休みなので、手元にあるデジカメのホワイトバランスを調べて見ました。
テーブルの上のリンゴは赤が飽和しないようにあんまり赤くないリンゴです。
画像中には白も黒もグレーもない微妙な色使い、AWBにはちょっと難しい絵柄です。

CANON キヤノン EOS Kiss DX
kixwb.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

F460の持病 [デジタルカメラ]

今日の夕方、新潟島は暴風雨です。
夕日は全然無理、今日も夕日の写真はお休みです。


メモ用に重宝していたポケットデジカメ 富士フイルム FinePix F460 です。
DSCF9496a.jpg

コンパクトで持ちやすく普通に撮れて・・・特に特徴は無いものの、その普通さがとても良くて好きなコンデジだったのですが。
数ヶ月前からズームのスイッチが挙動不審に・・・軽く故障的な感じ?
そして、先週使おうとしたら設定のボタンが殆ど効かなくなっちゃいました。
こ、壊れてる (・へ・;)

諦めきれず、Y字ドライバーを買ってきて分解しました。
DSCF9491a.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

パープルフリンジ [デジタルカメラ]

条件の悪い場所で撮影していると、光学系の問題でしばしば悲しい絵が出てくることがあります。
ダメな絵になる現象の代表としては フレアー が上げられます。
フレアーが出やすいレンズだと、強い光が入ると「霧の中か!」と突っ込みたくなるほどコントラストが落ちます。

そして二番手がパープルフリンジ。
木の下で空に向かって撮ったときに、木の枝の輪郭などに発生することが良くあります。
パープルフリンジとは、輝度の差が極端に大きな場所の紫色の光が出る現象、で色収差(CA)の一種です。
*CA=chromatic aberration
絞りを絞り込むと目立たなくなる場合が多いようです。

以下はパープルフリンジの比較画像です。


k100d.jpg
PENTAX K100D 純正レンズ
さすがPENTAX純正レンズ、優秀ですね!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

CCD ごみ取り(PENTAX O-ICK1) [デジタルカメラ]

筆者は静止画を撮る時にはデジタル一眼(PENTAX istDL)をメインで使っているのです。
が、最近そのカメラでもって絞り気味で撮った画像に、ゴミの影がやたら目立つようになってきました。
イメージセンサーにたくさんゴミが付いたようです。
新型のデジタル一眼には、イメージセンサに付いたゴミを超音波振動で振り落とすような優れものの機能が付いているのが多いですが、筆者の使っているお安い中古カメラにはそんな便利な物は付いていないのです。
もし、そんな機能が付いていないカメラの場合は、メーカーのサービス(Pentaxならペンタックスフォーラム)に持ち込めば、安く掃除してもらうことが出来るそうです。
が、田舎にはないのだ!そんなサービス拠点は。
運送便で送ってメンテナンスしてもらうのも可能だが、時間と料金がたんまり掛かります(汗;)
それぢゃぁどーすればいいのか?
自分でやりましょう。
PENTAXの純正アクセサリーに、イメージセンサークリーニングキット「O-ICK1」ってのがラインナップされています。
田舎ではなかなか売ってない、しかも安くないので、筆者はネットで買っちゃいました。
ネットショッピングなら、こんなマイナー商品も在庫があり、安いし、ネット上で支払いをすれば注文した翌日に届いちゃいます。ホント便利な時代です。

で、ブツはこれ。(O-ICK1 希望小売価格¥4,200税込み)?割引で購入

続きを読む


デジカメ用CD [デジタルカメラ]

デジカメが一般にもだいぶ広まったようで、パソコンなど全然いじった事の無い方も、デジカメで写真を撮影するようになってきましたね。
そんなある日、ご年配の夫婦が量販店の店頭で店員に何か聞いてます。
ちょっと聞いてみましょう、

おやじさん「デジカメ用のディスクが欲しいんだが・・」
店員は「CD-Rでしょうか?」
おやじさん「いや、デジカメ用のCDがいるんだて」
店員は「デジカメの画像を書き込むのでしたらCD-Rで宜しいと思いますが・・・」
おやじさん「じゃぁ、それくれや」
店員「650Mと700Mがありますが、どちらにいたしましょうか?」
おやじさん「何だね?どこがちがうんだね?」
店員「撮影した写真の書き込める枚数が違うのですが」
おやじさん「ぢゃー大きいほうをくれや」

うーん、おやじさん、なんとか納得してレジに向かったようですが、分かてるのかなぁ、ちゃんと使えるかちょっと心配です。
急速にデジカメが普及している現状を考慮すると、この例のようにデジカメにはデジカメ用のCDが売ってると思っても不思議はありませんね。
こんな時期だから「フジ」とか「コニカ」のブランドで「写真用CD-R」を売り出したら結構と売れるかもね。
でも写真用と謳うからには何か一工夫が必要だろうけどね。
それにしても、一般人にとってデジカメのシステムを理解するのは難しいようですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

気になる/欲しい デジカメ [デジタルカメラ]

・気になる ---> シグマ SD9
発売されたばかりのレンズ交換式一眼レフタイプのデジカメ。気になるのはそのデジカメに使われている画素子なのだ。
通常のデジカメは、それぞれにR(赤)/G(緑)/B(青)の色フィルターを付けた3つの画素子を使う事で1つの色を取り出している(原色フィルターの場合)。
それに対してSD9に使われている画素子はRGBの3色を1つのピクセルで取り込むことが出来る画期的な素子なのだ。
このカメラで撮影した画像がインターネット上や雑誌で公開されているのだが、それを見てみると、いわゆる"デジカメ臭さ"のない、とても素性の良いものなのだ。
もー感心してしまいました。
しかーし、カメラ自体の完成度はイマイチどころか未だ試作品の域を脱していないようなのです。
この素子を採用した大手メーカーのデジカメの登場を待ち望んでいる。

・欲しい ---> オリンパス E-100RS
2000年発売、151万画素ながら大型で高速の画素子を採用、手振れ補正や光学式10倍ズームを駆使してシャッターチャンスを逃さない事に重点を置いたデジカメ。
画素子1ピクセルのサイズが大きい為ラチュードが広く、画素子同士の干渉も起こり難い。
これは、数値上の解像度より写りの良さが要求されるホームページ素材には、まさにピッタリ!のカメラなのだ。
ターゲットが報道のセミプロ向けのため、発売当初は高価なカメラであったが、その画素子の少なさから最近では値崩れ気味で、一般のユーザーのも手が届く存在となっている。
欲しい!だけど、なかなか売っていないんだよな。誰か安く譲ってくださーい!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

更新 [デジタルカメラ]

デジカメに使っている「ニッケル水素電池」が使い始めてからもう2年になるんだよね。
最近やたら減りが早い、そろそろ寿命みたい。
新しい電池に更新しょうと調べたら・・2年も経つと技術革新?で電池も変わっているんだ~ねぇ。
以前は単三で1500とか1600とか(電池の性能)言っていたのに、新製品は、なんと一気に2000なのだ(・o・)。
「欲しい」でも、充電器も買い換えないとダメみたい。
そこまで出費出来ないので断念して、旧型の電池を買いました。
それでも今迄より高性能の1700だ、んー2年て短いようで長い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の15件 | - デジタルカメラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。