So-net無料ブログ作成
検索選択

オースチンって [TEXAS]

F1ファンの皆様、来週はアメリカでGPが開催されるよね!
今シーズ初めての、出来立てほやほやのNEWサーキットですよ。
で、その来週にF1が開催される Circuit of the AmericasのあるオースチンAustinってドコだか分かる人居るかな?
オースチンはテキサス州の州都なんだよ。
と偉そうに言っては見ましたが、実は筆者は行ったことありません。
が、隣り町の的なサンアントニオに行く飛行機のコースがカスッたので、機上から端っこの方だけ見たことあるんだよね。
平らなテキサス平野?の西の端っこにある場所で、郊外には緩やかな丘陵が広がっています。
で、サーキット オブ ザ アメリカ Circuit of the Americas のある場所は、オースチンの空港(オースチン・バーグストロム国際空港)のすぐ南側です。
因みにオースチン・バーグストロム国際空港って、昔はアメリカ空軍の基地だったんだって。


地図で見てみてね。

Googleマップで見ると・・・航空写真の表示に変えてみると、まだ工事中だった頃の画像が見れますよ。


大きな地図で見る

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.45 成田へ [TEXAS]

B777は成田に近づくに従い、高度と速度を落として行きます。
そして緩やかに進路を変えて着陸のための場周経路に進入していきます。
右手に銚子の犬吠埼を見ながら海岸沿いに進みます。
bousohanto.jpg
滑走路の延長線まで来たら右に90度旋回し、いよいよ最終着陸態勢に入ります。
低速で飛び洋上から九十九里浜を横切ると街が見えてきます。
99ri.jpg
この街並み、やっぱりアメリカとは違いますね。
小型機みたいに風の流れに煽られるように少し揺れます。
このB777って機体は、あのジャンボB747に比べると少し据わりが悪く感じます。
これ、乗り物酔いする人にとっては嫌な揺れ方なんだよね。
やがて前方に倉庫群が見えて来ました、丘の上にある航空博物館の左側をかすめ、B777は滑走路に進入します。
日本に到着です
nrt99qqq.jpg
みなさん、お疲れ様でした。
(着陸時の写真は完全機械式のフィルムカメラで撮影しています)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.44 日本へ [TEXAS]

バンクーバー上空を通過した後、急に雲が多くなり、やがて地上の景色は殆ど見えなくなりました。
もっとも、これからのコースは見えたとしても海ばかりなんだけどね。
(空から見たバンクーバーの写真は、バックナンバーの3月3日にあります、見てね!)
アラスカの島がチラッっと見えた後は、カムチャッカ半島沿いに南下して日本に向かいます。
この辺り、いつも波みたいな雲が出ていてガタガタと揺れるんだよね。
0223BDs.JPG
乗り物酔いしやすい筆者は、この雲のせいで日本に近づくに従い具合が悪くなる事が多いんです。
帰りのフライトは、地球と反対回りをして来たので、ずーと昼間です。
が、日付変更線を越えて来たので一日分日付が進むんですよ。
夜が来ないのに次の日になるなんて・・・ん~む、なんだか訳わかんないですね。
プチ「浦島太郎状態」だよね(^_^)
今回利用した、ヒューストンへの直行便を運航しているコンチネンタル航空のB777には、エコノミークラスでも全席に液晶モニターが付いているんです。
0223AGppp.JPG
映画等のエンターテイメントプログラムのほかにフライト情報(飛行してきたルート、高度・速度・外気温度)も見ることが出来ます。
飛行ルートに関しては、以前は最寄の空港とかも表示されたり結構と詳細な情報が見れたんだけど、今はかなり大まかな内容に変わっています。
これも、あのテロの影響なんでしょうか?ちょっと残念ですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.43 早朝 [TEXAS]

前回、筆者が「ジョージ ブッシュ インターコンチネンタル空港」を利用した時は、チェックインと出発ゲートが同じターミナルだったのですが、さらに巨大化した今では、別ターミナルとなり、出発ゲートまでは10分程も歩かないと辿り着きません。
空港内には、お土産を買えそうなショップも少なく何かと不便です。
そうそう、免税店で買った品物は一時お店側で預かり、飛行機に乗り込む直前に渡されるシステムなのでご注意を。
ジョージ ブッシュ インターコンチネンタル空港を離陸したB777は、R45沿いに北上しダラスに向かいます。
その後、北西に大陸を横断し、バンクーバーから洋上に出る北回りルートで日本に向かいます。
アメリカに来るときは太平洋上を突っ切って来たのですが、帰り道は偏西風の影響を軽減するために北回りルートを利用するんだそうです。
最初は乾燥した大地が眼下に広がっていた窓の外も、程なく眩しい白い物が目立つ、冬らしい光景に変わっていきました。

ダラス・フォートワース国際空港
dallsfwap.jpg

ビタールート山脈 Bitterroot Range
0223AYs.JPG

Coeur D'Alene Lake 
0223AZs.JPG

ワシントン州 Spokane スポーケン上空
0223BAl.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.42 早朝 [TEXAS]

いよいよガルベストンともお別れです、日本へ帰る飛行機は「ジョージ ブッシュ インターコンチネンタル空港」を午前10時45分に出発のCO07便です。
ガルベストン島からヒューストンの向こうにある空港までは車で1時間半ほど掛かります。
国際線なので、それに2時間をプラスすると、午前7時頃にガルベストンを出発すれば良い事になります。
今回は余裕を持って午前6時にKマート跡(Kマート無くなっちゃったんですよね)に集合して、バスでのんびりと空港へ向かう予定となっています・・・・って事は、午前5時前には起きなくては ('O') 筆者的には激早起き!
この旅行のために購入した\500の腕時計がしっかり5時半に「ピピピッ・・ピピピッ・・」とアラーム音を発します。
ちゃんと仕事しますね、たとえ\500でも。
窓の外を見るとまだ真っ暗。この時期、こちらでの日の出は午前7時頃なんですよね。
さっさと支度をしたあと、部屋のドアを開けて様子を見ます。
2階の階段室道路側の部屋で物音がします、お父さんはもう起きているようです。
筆者は部屋を出て、階段の横の廊下を左に進み、音のする部屋に向かいます。
明るく電気が点いているその部屋は、どちらかと言うとホールって感じ。
そして向こう側の窓の外には真っ暗なテラスがあります。
「おはよう!」、お父さんはコーヒーを飲んでいます。
「コーヒー飲むかい?」部屋の壁のキャビネットにはコーヒーメーカーがあり、そこからは微かに湯気が立っています。
こんな部屋があったなんて気付きませんでした、やっぱ大きな家ですね。
「はい!」と言ってコーヒーをもらいました。カップに入ったコーヒーは、いつもより熱目でした。
熱いコーヒーは目が覚めますね。こちらに来てから飲むコーヒーって、いつもナゼか"ぬるめ"だったんですよね。
「眠れたかい」、「よく眠れたよ」とか・・コーヒーを飲みながら、会話らしき事をしていたら、ドアが開きIさんが廊下を歩いてきました。
そして、英語の得意なIさんとお父さんが、テンポ良く昨晩の話なんかをしています。
コーヒータイムが終わったら、荷物を持って出発です。
今まで、移動はこの家のアメ車で行っていたのでしたが、今日はお隣の車での移動です。
お隣の車は韓国のRV車です、ちょうど大き目の日本車と同じサイズなのですが、アメ車に乗り慣れた体にはやけに狭く感じました。
ブロードウェイを西に走り、集合場所のKマート跡に向かいます。
まだ周りは真っ暗、祭りの後の夜明け前は静かです。
Kマート跡の広い駐車場に付いたらまだ殆ど集まっていません。
午前6時を過ぎた頃からポツポツと、メンバーを乗せた車がやって来ます。
0222ABooo.JPG
そろそろ出発かなという時間なのですがバスが来ません。
ホームステイの受入れをやっていただいたガルベストン側のメンバー同士が何やら話しながら、しきりに電話をかけています。
トラブル?時間はどんどん過ぎていきます。
空が明るくなってきてもバスは来ません。
0222ACooo.JPG
考えてみれば、今日は祭りの後の日曜日、こんな早起きしているのは、きっと私たちだけぇ?
こんな日は、ドコにも連絡取れないよね。
時計を見たら、もー午前7時をまわっています。
急いでいけば最悪午前8時にガルベストンを出て行けば間に合うのですが、土地勘の無いツアーメンバーは飛行機に乗り遅れないかと心配しだしました。
そんな時、やっと手配が出来た代わりの車が到着。
時間がないのでお別れの挨拶も無いまま、バタバタと乗り込み空港に向かいました。
車に乗っちゃえば一安心です、ガルベストン島と本土を結ぶ大きな橋を渡り、ガラ空きの休日のハイウエーをヒューストンへと快調に走って行くのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.41 祭りの夜は [TEXAS]

クーラーボックスの乗っかったトレーラーを引いたお父さんを先頭に、お母さん、お隣のご夫婦、猫好きのKさん、そして筆者の6人でパレードの通った後の道路を歩いていきます。
露天で売ってるお面やビーズに目が行きますが、節約節約、我慢しときましょう。
と、お母さんが露天の品物を何やら見ています。
ちょっと見た後で、お父さんに「無かったわ」みたいな事を言って、また歩き出しました。
お母さんの大好きな「フラミンゴ」グッズがあるか見ていたらしいです。
パレードの進んでいった先の遠くのほうからは、微かに騒がしいような音が聞こえてきます。
そしてその上空にはサーチライトを照らした警察のヘリコプターが飛んでいます。
サーチライトを照らした夜のヘリコプター、刑事者のアメリカ映画では良く出てくるけど、実物見たのは初です、筆者的にはちょっと感動。
パーティ会場に着き、他のメンバー達に「どーだった!?」と聞くと、みんな楽しめたみたいで一安心。
お父さんを見たら、一部の飲み足りないメンバーに(女性は強いっすね)、クーラーボックスから飲み物を振舞っています。
あのクーラーボックス、いったい何本入っていたのでしょうか?
お隣にホームステイしているKさん(猫好きのKさんとは別人だよ)とも無事落ち合えたので、お父さんは「さあ、家に帰ろう」と言います。
まだホストファミリーが迎えに来ていないメンバーが多かったのですが、ツアーの団長も会場に残っている事だし、まー大丈夫だろうと言うことで、お先に帰る事としたのでした。
人や車の行き交う裏道を走り、スムーズに家に戻りました、さすが地元ですね。
家に戻った後は、「道路が空いた頃を見計らって、24H営業のスーパーマーケットに行こー」って言う話になっていたのですが、祭りでの興奮による心地よい疲れで、その事をすっかり忘れて、ベッドへと向かったのでした。
部屋に帰った筆者は、日課の画像データのバックアップを取っていると・・・窓の向こうの道路、ブロードウェイが騒がしいのです。
ドンドンと響く感じの音が次から次へと続きます。残念ながら筆者の部屋はブロードウェイには面していないので、窓から見ても何だか分かりません。
その音に耳を澄ましていると、逆方向の町の中心街の方からは微かに歓声が聞こえてきます。
メイン会場ではまだ盛り上がっているのでしょうか?時々そちらの方からはヘリコプターの音も聞こえてきます。
祭りの歓声が消えた後も、夜中まで不思議なドンドン音が続いていました。
翌朝、聞いた話では、デカイスピーカーを載せた車が列をなしてブロードウェイを流していたんだそうです。
後から帰ってきたIさんは、部屋がブロードウェイに面していたので、テラスに出て眺めていたんだとか・・・そしてお父さんも、「ワシもテラスで見ていたぞ、凄かったな~」だって。
筆者は、珍しいもの?を見損なって、ちょっとガッカリなのでした。(写真もありません、ゴメン)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.40 熱狂! [TEXAS]

もー凄い!歓声と叫び声、もー観客は熱狂状態です!
mar2004ll.jpg
パレードが始まると、もー飲み物なんか飲んでいる暇はありません。
そーか!だから皆は、パレードが始まるだいーぶ前から会場に来て、飲み食いして楽しんでいるんですね。
0222BZnnn.JPG
筆者はアチコチ走り回って写真を撮っていたら、中学生くらいの数人のグループからの視線が気になりました。
そしたら「○×新聞の人?」(あの歓声の中、英語で言われたので、たぶんです)と言うではありませんか。
ほえー、なにそれ、「違う違う観光客だよ」(一応、そんなん英語で)と答えましたが、これって、ワシ日本人に見られて無いってことかいな(~_~;)
フロートとフロートの間には、ブラスバンドやチアリーダー?(正確には何て言うんだろう)が沢山沢山参加しています。
若いですね~、元気ですね~、でもガルベストンって若者こんなに住んでいたっけぇ?
後から聞いた話だけれど、大都会ヒューストン高校生が来ているんだって。
パレードには消防車やパトカーも参加しています。こんな事って、日本ではありえないですよね。
0222BKnnn.JPG
パレードの後、お父さん達とKさんとパーティー会場まで歩いて戻ります。
周りと同化して盛り上がった後なので、なんかここが異国の地だと言う感覚が無くなっています。(でも、言葉は通じない。)
道を歩いていくと、棒を持ったり肩車をしたりした若者が、街路樹の下で何かしています。
ナニ?って、木を見上げてみると・・・おお! 「君は”ビーズのなる木”かい?」と突っ込みを入れたくなる程、枝にはビーズが鈴なり状態です。
0222CAnnn.JPG


動画

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.39 パレード パレード [TEXAS]

白バイが何台も通った後は、暗くなりかけた道の向こうからはピカピカ光る電飾が近づいてきます。
おお!ハデじゃん!さすがアメリカ
だんだんフロートが近づいてくると、その形がハッキリと見えてきます。
今年のマルディグラのテーマ通り、70年代のロックスター達がモチーフになっています。
それにしてもこの色、ハデと言うか・・・何なんだろう?日本ではありえない色使いです。
フロートの上に乗っている人は、手を大きく振って何か投げています。ビーズや小さなぬいぐるみです。
このビーズを沢山もらうと幸せになるんだそうです。
筆者も沢山もらわなきゃ、幸せになるためにね(^◇^)
フロート上のアチコチから、それらが観客に向かって投げ入れられています。
警官に諭されて一回は歩道やグリーンゾーンに上がった観客も、歓声と共に道の上に戻ってきます。
なんか、みんなテンション高いっす!
mar2004_2a.jpg
筆者は、デジカメ2台を持って、静止画と動画を交互に撮りながら・・・かつ、ビーズをキャッチしていたのですが、人間、手は2本しかありません。
せっかく筆者に向かって投げて貰ったぬいぐるみをキャッチ出来ず、頭に当たってどこかに跳ねていってしまいました、残念 (ToT)
やっぱ一度に三つの事はムリムリかい。
戦い?はこれからだ、ビーズを沢山もらうぞ!
一段とフロートに近づく筆者でした。

動画

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.38 ビッグ パレード [TEXAS]

中央分離帯とパーティー会場の間をブラブラしていたら、道の向こうからお父さんが歩いてきました。
お父さんは英語で「向こうでワシらと一緒にパレードを見ないかい!?」みたいなコトを言いました。
どーしよう、ツアーのメンバーほったらかしにしても大丈夫かな?・・・・
300mくらいしか離れていないし、大丈夫だよね、この雰囲気だと、きっとね。
じゃ、いこうかな~ でも、筆者の英語力では場が持たないかも・・・えっと、あの猫のお宅だよね、、、そーだ、いい考えがある。
「ちょっとまってね」らしき事をお父さんに言って、筆者は猫好きのKさんに声をかける事にしました。
だってKさんは英語が得意だし、このツアーのメンバー中では親しい方だしね。
「ねえねえ、あっちにお父さんの友達の猫フリークのお家があるんだけど、そこでパレード見ない!?」、そして「すぐ近くだから大丈夫だよ」と、日本語でね。
「えっ、そーなの、そんなお家見てみたい」 お~お~、話に乗ってきましたね、心強い仲間が出来ました。
お父さんに、「彼女は猫が好きだから、お家見せてやって」みたいなコトを・・・筆者が言ったとは思えないのだが・・・Kさんが言ったのかな?
とにかく、パーティー会場から、猫フリークのお宅まで移動する事になりました。通行止めになって、観客がいっぱいいる広い通りを3人で海のほうに歩いていきます。
そうそう、パレードは海の方から来るんですよ。
ビーズやお面を売ってる屋台や、テラスで演奏するバンドを見ながらだと、歩くのも楽しいものですね。
300m程歩くと、右手に猫のお家が見えました、目立ちます!
家の前の中央分離帯は、すでににホストファミリーの持ってきたクーラーボックス椅子セットされていました。
パレードが来るまで、Kさんと一緒に猫の家の中を案内してもらいます。
ホントに猫・猫・猫だらけ、もち本物の猫ちゃんもいましたが、彼ら?彼女ら?は、自分たちの家に見知らぬお客さんがたくさんいるので警戒気味でした。
外に出て、中央分離帯の椅子の所に戻ります。
お母さんがいました、クーラーボックスから飲み物をもらい一服していると海の方から歓声が聞こえてきます。
そろそろかな?夕暮れ近くの空のした、海岸のほうから騎馬警官?と白バイが近づいてきます。
観客に、道路から歩道や中央分離帯に上がるようにと指示して回っています。
そのあとには・・・サイレンの音やブラスバンドの音楽が・・・おーーーパレードです!!!いよいよメインイベントのスタートです。
mar2004b.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.37 ビッグ パレード [TEXAS]

今夜はいよいよマルディグラで最高に盛り上がるビッグパレードです!
今回のツアーは、このビッグパレードの行われる2月21日を軸に日程を組んでいるんですよ。
今晩、ツアーのメンバーは、バレード行われる通り沿いにあるお宅のパーティに招かれています。
そろそろ出かけるよ。
って時に、お父さんが車の向こうの小屋から何かを引っぱって来ました。
赤いトレーラーです!
そう、アメリカ子供がオモチャなんかを入れて引っぱっているT型の握り手が付いたブリキのトレーラーです。
ナニに使うんだろうと思ってたら、クーラーボックスを運ぶために使うんだって。
今夜のパーティー会場には、ツアーのメンバしか招かれていないので、お父さんとお母さんは例の猫フリークのお宅でパレードを見るんだそうです。
クーラーボックスには、その時に皆で飲むワインやらビールやらジュースが氷と共に満タンに入っているんです。
ブリキのトレーラーですが、子供が引っぱる物とは言えバカに出来ない大きさがあります。
「さすがアメリカ!」って感心してばかりはいられません、車に積むのは大変なのです。
筆者はお父さんを手伝い、車の後部ハッチからトレーラーとクーラーボックスを積み込みました。
重いです、こんなの積んだら日本のミニバンは後ろが沈み込むんでしょうが、アメリカのミニバンは全然平気です、スケール違うんだな。
荷物を積んだら、車は住宅街の裏道?を通り、パーティ会場に向かいます。
裏道から行っても、パレードの通りに近づくと混んできます。
祭りに来た車が道路の端に駐車しているからなおさらです。
ま~私たちの車も路駐するのですが。パレードの通りに出たところで一旦止まりトレーラーとクーラーボックスを降ろします。
お父さんがトレーラーを引っぱりながら「ついておいで」と右手に歩き出します。
あの猫フリークのお宅は左では?と思いながらも「ここで会話をしても通じないだろうな・・・」と考え、取り敢えず素直について行きます。
そうそう、ここでは英語が堪能のIさんとは別行動となってしまったのです。
車椅子で参加した方が、今夜のパーティー会場に来るのが難しいため、ガルベストンに詳しく英語も堪能なIさんが付き添い、別な場所からパレードを見る事となったのです。
ご苦労様です。
えーと、乗ってきた車は、お母さんが運転して路駐スペースを探しに走って行きました。
パレードが通る通りは、中央分離帯のある広い通りで、中央分離帯近くには路面電車の線路もあります。
パレードが始まるまでまだ2時間近くもあるのに、道には沢山の見物客が詰め掛けています。
通りに面した家々は、窓やドアを開け放ち、知人たちとのパーティの会場となっています。
また、所々の家からはロック音楽が流れてきてます。
その家では2階のテラスをステージ代わりにして生バンド(アマチュアかな)が演奏しています。
青空の下、眼下に沢山の観客を見て演奏するなんて、最高に気持ちがいいんだろうな!
少し歩くとお父さんが「ココだよ」って、今夜のパーティ会場です。
mar2004a.jpg
会場と言うか、お宅の中に入ると、おお!これは、あの有名な!・・・プレスリーです。
プレスリーのそっくりさんがあの名曲(なんだっけ?)を歌っていてビックリ! さすがアメリカです。
パーティー会場には、私たちツアーのメンバー以外にも沢山の現地の方が出入りしていて、少し落ち着きません。
メンバーの数人と一緒に、飲み物を持って玄関から中央分離帯の方に歩いて行きました。
パレードが始まる前の雑踏とバンドの音楽、このお祭りの空気って好きだな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.36 ハンバーガー [TEXAS]

TEXAS No.36 ハンバーガー
仮装コンテストを見たらお腹がすいてきました、もーお昼過ぎなんですね。
お父さんが「今日のお昼は大きなハンバーガーだぞ!」って言って、会場のホテルから海岸通りを南西に進みます。
町のはずれまで来たところで、それまで防波堤上を走っていた海岸通りは、少しだけ内陸に道筋を変えます。
すると右側に派手な旗と言うか・・・のぼりみたいなのが、やけに目立つお店があります。
この店、何の店なんだろう、前に来たときから気になっていたのです。
その目立つお店の、ほんの数百メートル先にレストランがありました。この辺りは、湿地帯が多いので、高床式みたいな建物が多く見られます。
このレストランも、入り口に行くには階段を上がるんですよ。
お店のドアを開けると香ばしい美味しそうな香りが漂ってきます、もー食欲全開です。
悩んだ末、筆者が頼んだ●×バーガー(名前忘れたっす、ごめんなさい)は、お父さんの言葉どおり大きいです、こりゃぁアメリカンサイズだ!
0222ALlll.JPG
ただ大きいだけではありません、しっかり美味しいのです。
そー、アメリカ=大味の常識は、ここでは通用しないのだ、やるじゃんガルベストン。
ゆっくりとランチタイムを過ごした後、「いい感じの小物を売っているお店が近くにあるから寄っていこう」と言う話になりました。
レストランから海岸通りを街のほうに戻ります。
そして、えっ?ここに入るの!?
そこは、例の目立つお店でした。
店の中には、お土産にピッタリの小物が沢山置いてありました。
ふ~ん、イイ感じでないの(^。^)
店の中を散策していたら、入り口のほうから聞いたことのある声が・・・ツアーのメンバーでした。
みんな考えるコトって同じなんだね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.35 仮装コンテスト [TEXAS]

今日は土曜日、マルディグラのビッグパレードの日です。
夕方からのパレードに備え、町のあちこちで交通規制が始まって、パレードのルートからは車の姿が消えました。
午前中のガルベストン島は、「祭りの前の静けさ」って感じです。
今日の予定ですが、まず、海岸通りのホテルで行われる「仮装コンテスト」を見に行くそうです。
コンテストは、お昼近くにスタートするらしいのですが、前の席で見れるようにと、カナリ早めに家を出ました。
途中、海岸通りにあるお土産屋さんに寄ったり、下の写真にある猫のお家に寄って、今夜の宴会道具を降ろしたりしました。
ホテルに着き、会場のホールのドアをくぐったら・・・席には誰もいません、見えるのは警備の人とステージで準備しているスタッフのみ。
寄り道をしても、まだまだ時間、早過ぎです。
10分~20分したら、ポツポツと他の観客が会場に入ってきました、そして各ホストファミリーと一緒のツアーのメンバーの姿も・・・でも、「仮装コンテスト」は、まだまだ始まらないです~。
イベントが始まったのは、なんと1時間以上も先のことでした。
ま~早く来たおかげで、ツアーのメンバー揃って一番前の席で見れたからいいんだけどね。
イベントが始まるまでは、ツアーのメンバー同士やホストの方との歓談タイム。
筆者も、ホストをしていただいたガルベストンの方々と色々話をしたかったのですが、えっ英語が・・・・(^_^;
なので、時々相槌を打ちながら、会話を脇で聞く役に徹しました。
今回の旅行では、なにかと待ち時間が長いです。
この雄大なテキサスでは、セコセコした日本時間とは違い、ゆったりと時が流れているみたいだね。
照明が落とされ、メイドイン アメリカのパワフルなPAスピーカーから陽気な音楽が流れてきたらコンクールのスタートです。
2102mmm.jpg
仮装のテーマは、今年のマルディグラのテーマと同じ「70年代のロックンロール」です。
参加者は子供からお年寄りまでの幅広い層でしたが、皆さんホントに乗りがいいです。
会場の観客の盛り上がり具合も、「さすがアメリカ!」って感じ。
内心あまり期待していなかった筆者ですが、こりゃ最高!楽しかったですよー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.34 フラミンゴ [TEXAS]

そうそう、朝食会?で気が付いたのは、ピンク色の小物がアチコチにあるという事。
観葉植物の鉢に乗っかっていたピンクの陶器、このデザインナカナカいいじゃん!
なんて見ていたら、フ ラ ミ ン ゴ !?
そー、ピンクの小物はみんなフラミンゴ!
お母さんは「フラミンゴ フリーク」なんだって(^O^)m
台所でフラミンゴのキッチン用品を見せてもらいました。
食後に紅茶を飲む時に、話のついでにお気に入りティーポットからお湯を注いだら・・・ハハハァうまく注げません。
実用にならなくっても、形がよければOK!なんだよね、その気持ちよく分かります。
気にしてみると、玄関にもフラミンゴ、居間にもフラミンゴ、もーフラミンゴだらけです。
日本と違い、家が広いからコレだけ飾って置けるんだね、羨ましいな~。

後で立ち寄った、お父さんの友達の家は「キャット フリーク」でした。
マルディグラの飾りつけにも猫ちゃんが登場してます。
こちらのお宅には本物の猫を始めとして、右を見ても左を見ても猫グッズだらけ。
キッチンではハローキティのトースターを見つけ、まさかこんな所で・・・と、ビックリの筆者でした。(ハローキティって猫だったんだよね)
0222ABlll.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.33 メキシコ系 [TEXAS]

今日の朝食はホストファミリーのお宅で食べるらしいです。(私の英語力では「・・・らしい」なのです)
なんでも、お隣と、近くに住んでいるホストの友人の方もご一緒するとの事で、賑やかな朝食となりそうです。
「ドコで食べるの?」と、みんなに付いて行ったら・・・玄関の右側の部屋が食堂でした。
ホストファミリーのお宅は、玄関から入ると正面が階段、左にリビング、右の奥にはキッチン・・・、そう、キッチンの隣が食堂なんですね。
大きな長方形のテーブルに幾つもの椅子が並びます、おお~ これってアメリカ映画でよく見る光景ではありませんか!
食卓には、決して豪華ではありませんが、満足度の高い料理が並びます。
人数が多いので、あちこちで話がはずんでいますが、筆者には殆ど理解不能、話に加われず、心の中は半べそ状態・・・ぢゃ~ぁ「食い」に集中しましょう(~o~)
メキシコ風のアメリカ料理は日本人にも馴染みやすい味だと感じました。
その中で気になったのはお父さんのお気に入りの「コレ辛いんだぞー」って言ったソース。
物は試しと筆者はトライしてみました。
う~ん、コレは、タコスのソースに似た味のちょっと辛いヤツ。
少し青臭さもあるかな?"CHOW CHOW RELISH"(チャウチャウ レリッシュ)って言うんだって。
日本では見たこと無いかも、後でスーパーに寄ったら、いくつかお土産に買おうかな。
0222AAOkk.JPG
可愛い名前ですが、犬は入っていません)

果物好きの筆者としては、デザートに興味がいきます。
デザートの皿に並ぶ果物で気になったのは「イチゴ」と大根みたいな果物。
まず「イチゴ」です。
皆さん、アメリカで「イチゴ」食べた事ありますか?
見た目は良いけど硬くて大味ですよね。
でも、目の前にある「イチゴ」は、なぜか見た目が日本の「イチゴ」に近いのです。
「ひょっとして?」と思い、一つ摘まんでみると---おっ、美味しい!
硬くないし、ちゃんと「イチゴ」の味がします!まったくビックリです。
次は大根みたいな果物?白くて1㎝くらいの厚さで輪切りになってるそのブツを手に取り口に近づけると・・・
殆ど匂いは感じません、一口かじってみると・・・
なんだろ~シャキッ!としていて味の無い梨みたいです。
なんだかハッキリしない味だけど食感は悪くない、クセになりそうな不思議な食べ物です。
「これってナニ?」と聞いたら、お父さんが「へッカマ」(もしくはヒカマ)と言います。
メキシコの果物もしくは野菜らしくて、丸い「カブ」みたいブツらしいです。
そうそう、へッカマ?ヒッカマ?ヒカマ?なんて言っていたら、お父さんがキッチンの黒板にスペルを書いてくれまし。
"Jicama"と書くんだそうです、でも、それはスパニッシュ(メキシコ読み)で、英語に直すと"J"を"H"に読みかえて"Hicama"と読むんだって。
0222AANkk.JPG
う~ん勉強になりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TEXAS No.32 朝から青空 [TEXAS]

見てください、この青空!とっても気持ちの良い朝です。
新潟の冬とは大違いですね~ このまま ずーっと ガルベストンで暮らしたいです。
ガルベストンでの2回目の朝、筆者はちょっと寝坊気味。
前日のパーティダンスを踊った疲れからでしょうか・・・
ガルベストンの日の出を撮ろうと一人密かに計画していたのですが、起きた時には窓の外には青空が広がっていました(^_^)
それでも、朝の海を撮らなきゃとベッドから抜け出し、椅子に腰掛けボーっと窓の外を眺めていたら、ドアをノックする音が・・・隣の部屋のIさんがドアを開けて「先に海まで散歩に行ってきますね。」と声を掛けて出掛けていかれました。
ホヘーそんな時間なのね。
筆者は、急いでシャワーを浴びて、着替えて、デジカメの電池を入れ換え、階段を降りて・・・そしてホストファミリーに「散歩に行ってきまーす」と声を掛けて玄関を出ました。
門を出て、歩道から海のほうへブロードウェイを渡ろうとしたら、道の先に見たことのある人影が。
Iさんです、もー散歩から帰ってきたんですね。
Iさんと、ちょっとだけ立ち話をして、早足で海を目指します。
住宅街の交差点を幾つか通り過ぎた、少し広い道の交差点、右手の向こう側に見える家で、テーブルやシートを出し、そこに品物を並べています。
おおー、ガレージセールです!
初めて見る本場のガレージセールにちょっと感激!・・・
でも、時間がないので横目に見て通り過ぎるだけです。
ガルベストンの海は今日も穏やかでした。冬の日本海とは大違いですね。
夏は海草やら漂着したゴミなどで、綺麗とは言い難いガルベストンの砂浜なのですが、この時期はゴミも無く妙に小奇麗な印象です。
昨日は気付きませんでしたが、波打ち際には「カモメ」が沢山いました。
新潟で見る「カモメ」とは違い、ここのは頭が黒いんですよ。
あと、砂浜には白い貝殻がポツポツと見られます。
0221AAHjjj.JPG
一人で海を眺めていても、なんだか寂しい絵になるので、さっさとお家に帰りましょう、もーすぐ朝ごはんの時間です。
帰り道、改めて道を眺めてみたら「広いです!」住宅街の道なのに。
0221AAJjjj.JPG
これって、新潟ならメインストリートの道幅です。
帰り道のまん中で、白黒の猫ちゃんに会いました。
猫ちゃんに話しかけたけど、ちょっと挨拶しただけで去って行きました、野良猫かな?
0221AA5jjj.JPG
全体に治安の良いガルベストン島ですが、この辺は新潟と変わらないくらい安心して歩けるようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。