So-net無料ブログ作成
検索選択
ハリケーンIKE Galveston ブログトップ
前の15件 | -

募金をガルベストンへ [ハリケーンIKE Galveston]

現地時間4月23日(木)、新潟からの訪問団がガルベストン市の市会議を訪れました。
新潟市での募金活動で集まった募金を市当局に贈りました。

リンク
U.S. テキサス州 ガルベストン市
 http://www.cityofgalveston.org/news/default.cfm?ID=2796


リンク
ガルベストン カントリー デイリー ニュース
 http://galvestondailynews.com/story.lasso?ewcd=43d3c89050363965


新潟の皆様から寄せられた募金はハリケーンアイクによって損害を受けた木の植え替えなどに使われる予定です。

ハリケーンIKE被害から4ヶ月を過ぎたガルベストン [ハリケーンIKE Galveston]

これを書いている時点でのガルベストン島は、前日の1月23日(金)の朝9時過ぎです。
Web上の表示を見ると、気温は 約15℃/天候は曇り
気付いたら、ハリケーンアイク(IKE)の被害から4ヶ月と10日が過ぎていました。

WebCam
http://www.galveston.com/webcams/
1月に入りPostoffice Street Camが戻ってきましたが、最近Strand Camが街を写していないのが「?」です。
時差があるので、日中の絵が出てるのは日本では深夜~朝の時間帯になります。


住宅事情
12月頃より家屋の被害額の再査定が本格化し、ようやく被害の実情に合った損害額が確定されつつあります。
しかし、その損害額に基づいて支払われる保険や政府の援助を合わせても、家を直し生活を再開するに必要な金額には遠く及びません。
そのため、政府の補助や保険を受け取ってもハリケーンで壊れた家を直さず、そのまま売却してしまいガルベストンから内陸へと移住する家族が増えています。
一方で、そんな安く売り出された家を買い、直してウイークエンドハウスとして使おうと考える方もいますが、それはあくまでもセカンドハウス扱い。
そのため、この地に住む住民の減少が懸念されています。

仮設住宅代わりのホテルで避難生活を送っている被災者が未だ2,000人以上います。
彼らに対する住宅の対処が予定通り進まずFEMAがホテルに支払うホテル券の期限が何度も延長され、直近では3月まで再延長されてます。
親戚や知人の家に身を寄せる方も未だに多いようです。
行き場を失った低所得者が、ハリケーン被害で廃屋と化したアパートに無断で入り込んでいる事態があり、治安悪化などの懸念から問題化しています。
各種援助の受付期限や災害ごみの処理期限など何度も延長されています。

学校など
閉鎖中の学校の中には再開の見通しがついていない学校がまだあります。
日本で言う保育園・幼稚園にあたる施設の中にも再開見込みがないものも見られ、小さな子供を抱える労働者に生活の不安が広がっています。

仕事
ハリケーンの被災による会社・商店の経営難から失業者が増えています。
仕事を求め他の地区へ移り住む人々も少なくありません。
ガルベストン市当局でも、ハリケーン被害による財政難から警察・消防の職員削減が発表されましたが、話し合いで人員削減回避のため給与カットが選択されました。
市で最大の雇用を持っているUTMB(テキサス大学のガルベストン病院)では、すでに約3,000人もの人員削減が行われています。
また、低所得者向けの小児病院も再開が危ぶまれています。

観光
多くのお土産屋さんの多くは営業していません。
先日、シーウォールから海に突き出て建てられていたお土産屋さんの建物が撤去されました。
その建物はハリケーンIKEにより、柱だけを残して破壊された無残な状態で数ヶ月間放置されていました。
付近のビーチは、ハリケーンにより砂が流されてしまいましたが、ビーチシーズンに向け砂浜の再生工事が進められています。
毎年2月に開催されている、ガルベストン最大のお祭り「マル・ディ・グラ」ですが、今年も2月13~24日に開催されるようです。(2009年1月27日訂正)
http://www.mardigrasgalveston.com/
ガルベストン最大の観光施設「ムーディガーデン」は、徐々に通常営業に戻りつつあります。
島内の博物館や歴史的な建造物などは、再開に向け復旧作業中です。
早いところでは、今月中に再オープンされる見込みです。
ガルベストン島とボリバー半島を結ぶTxDOTフェリーシステムは、ほぼ通常運行に復旧しています。
中心部を走るトロリー(路面電車)は被害が大きく、いつ運行が再開されるか分かりません。


日本語のWebページ
IKEに関する日本語のWebページがありました。
http://www25.tok2.com/home/shimada/clearlake/projects/Ike/Ike.htm
ガルベストン寄りのヒューストン、NASA近くのクリアレイク地区からの避難日記があります。

クリスマスシーズン [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の12月25日(木)クリスマスの夜です。
Web上の表示を見ると、気温は 約20℃/天候は曇り


青いサンタクロース
ガルヴェストン警察署のBlueサンタプログラムはガルベストンの100の貧困家庭にクリスマスプレゼントを届けました。
貧困層の恵まれない子供たちは青いサンタクロースが届けたクリスマスプレゼントに喜びました。
プレゼントは、市民や民間団体、企業やハリケーン被害に遭わなかった他の警察署からの資金や物品により用意されています。
参考:ブルーサンタプログラム/ヒューストン
http://www.bluesantahouston.org/mission.cfm

郡で20人目のIKE犠牲者発見
「ガルベストン島」に隣接する半島「ボリバー半島」で、ハリケーンIKEの犠牲者が発見されました。
12月21日にボリバー半島の山羊座島でハリケーンIKE犠牲者の検索作業員が、堆積した瓦礫の中からハリケーンの犠牲者と思われる遺体を発見しました。
遺体は酷く痛んでおり性別・年齢などは、まだ特定されていません。
この遺体の発見で、9月13日にこの地を襲ったハリケーンアイクのガルベストン郡での犠牲者は20人となりました。


ストランド通り
Strand Camを時々見ていますが、12月中旬からは霧の日が時々見られます。
筆者が昨年訪れた時も、クリスマスが近づくに従い霧が多くなっていました。
ガルベストンのダウンタウンで、歴史的な建物にお店屋さんが並ぶストランド通りですが、ディケンズやバイクイベントの時は沢山の人で賑わったものの、それ以外のときは閑散としてます。
クリスマス飾りも目立ってませんし・・・
賑わいが戻ってくるのはいつになることでしょうか?
復興までの道のりはまだまだ長いと感じさせられます。
参考:WebCam Galveston.com
http://www.galveston.com/webcams/

Lone Star Motorcycle Rally 開催 [ハリケーンIKE Galveston]

ハリケーンIKEの影響で開催が延期されていたバイクお祭り
Lone Star Motorcycle Rally(ローンスター・モーターサイクルラリー)が
今週末ガルベストンで開催されています。

これを書いている今は、日本では日曜の朝ですが、ガルベストンでは土曜の夕方になります。
ハリケーン被害以来、寂しい光景が続いていたガルベストンのダウンタウンですが、
先週末の「ディケンズ」に続き、ストランド通りには人が溢れています。
Webカム(galveston.com)
http://www.galveston.com/webcams/
日本とは-14時間の時差があります。

まさかの雪 [ハリケーンIKE Galveston]

今日もバイトは残業
夕方から雨だったので、傘を持っていかなかったので「困ったな~帰りは雨に濡れてかな」
と思っていたのですが・・・仕事が終わった頃にはしっかり雨が止んでいました。
残業続きで疲れが溜まっていたので「今日は銭湯で疲れを癒しに・・・」と予定していたのに、
遅くなって先頭には行けずじまい。
づかれた(~_~.) 

で、部屋に戻り日課のガルベストンの状況チェックをしたらビックリ画像が!!
なんと、ガルベストで雪!!

10日(水)の夜に、気温が氷点下まで下がり雪が降ってきたそうです。

The Galveston County DAILY NEWS
http://galvestondailynews.com/blog.lasso?blog=fe48d718bed142df

薄っすらと積もるような降雪は4年ぶりだとか。

Webカムを見たら、いかにも寒そうな光景・・・
GSLVESYTON.COM
http://www.galveston.com/webcams/

34F°Sunny
テキサスの時間では朝10時過ぎの現地の気温は2℃くらいしかありません。
今日は新潟より寒いのかもね。

Strand Cam が戻ってきた!! [ハリケーンIKE Galveston]

ハリケーン以来、動作を停止していたStrand Camが戻ってきました!!
http://www.galveston.com/webcams/
9月13日のハリケーンIKE襲来からもうすぐ3ヶ月になろうとしている12月初旬にようやく機能回復です。
きっと今週末に開催される「ディケンズ オン ザ ストランド」に合わせて修復されたのでしょうね。
配信されている映像を見ると、そのお祭りの準備が始まっているのが分かります。
でも、町並みに違和感を感じます、やけにスッキリしているのでよ。
生活観が無いというか・・・「通りにある多くの店は、未だ開店していないのでは?」そんな気がします。


ハリケーンアイク ガルベストンの復興状況 現地11月3日 [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の11月3日(月)の夜です。
Web上の表示を見ると、気温は 約22℃/天候は晴れ

・住宅問題
住む場所を失った被災者の正確な数は誰も把握できていません。
島の住宅の約25%が、全損相当の被害を受けているとの情報もあります。
その他の住宅も、多くは未だ住める状態ではありません。
多くの島民は、家の前庭に置いたキャンピングトレーラーや、島と周辺のホテルやモーテル住むか、本土の親戚や知人の家に身を寄せています。
また、空港そばに移動された避難所のテントで暮らしている人々もまだ数百人います。

島では、家を失った被災者たちの暮らす住宅の確保が難航しています。
当初ガルベストン島と周辺には、被災者を収容できるアパートの空部屋が、かなりの数があると言われていました。
しかし、そのアパートの殆んどがハリケーンアイクにより被害を受けており、現在空部屋は利用できません。
破損したアパートの多くは、まだ損害の保険申請中です、保険はいつ下りるかも分からず、損傷の修理の目途は立っていません。
仮設住宅用のトレーラーハウスも、設置場所の手配が遅れており、いつ利用できるようになるのかも分かりません。

避難用のアパートや仮設住宅の手配の遅れに対応し、ホテルなどの宿泊施設を避難住宅として使えるホテル補助券の配布期間が延長されました。
11月中まで期間が延長されたホテル補助券は、来年の1月中旬まで再延長されました。

住宅再建の目途が立たない、低所得者層と有効な保険の無い中流階級層の島民には、不安と不満が広がっています。

・ガレキと災害ゴミの除去
災害ゴミの除去期限は11月末です。
ハリケーン被害のゴミを片付けるために援助を必要とする住民は、市のVolunteer Reception Center(VRC)を通して援助を受けることができます。
VRCは、片付けのための手助けを必要とする住民とボランティアのサービスをつなぎます。

島の2カ所の一時的な集積所には、毎日大量のガレキと災害ゴミが運び込まれています。
災害ゴミはリサイクルされるために仕分けされます。
リサイクルされないガレキと災害ゴミは船で埋立地に運ばれます。
埋立地に運ばれた量は409,818立方ヤード(約31万立方メートル)になっています。

・ハリケーンアイク子供たちの衣類キャンペーン
Pediatric Dental Care, Texas First Bank, Galveston.Com は、幼児と子供たち、そして若者の生活を立て直す為に古着を集めるキャンペーンを始めました。
詳しくは http://www.galveston.com/news194/

衣類の寄付は
Texas First Bank
2401 Broadway
Galveston, Texas 77550

現金寄付(小切手による)
Texas First Bank
ATTN: The Ike Children's Clothing Campaign Fund
2401 Broadway
Galveston, Texas 77550

寄付最終期限は、2008年11月20日(木)です。
すべての衣類は、2008年11月22日(土)に、ガルベストンの困っている子供たちと家族に渡されます。

・大統領選の事前投票
10月20日(月)より大統領選の事前投票がスタートしています。
ガルベストン島を含むガルベストン郡では、10月31日(金)時点で40%の市民が投票を済ませているそうです。
郡の選挙事務所は最終投票率が70%を超える数十年ぶりの記録的な高い数値になると予測しています。

・TxDOTフリーフェリー
ガルベストン島とボリバー半島を結ぶフリーフェリー、ボリバー桟橋の復旧まで通常運行は停止しています。
航路や桟橋部の泥の排出や桟橋の修復作業が行われていますが、復旧は12月1日頃になる見込みです。
現在、緊急運行中のフェリーを利用できるのは災害復旧の車両や人員に限定的されます。


************
以上は、要約です公式なものではありません。
詳しくはガルベストン市公式サイト
http://www.cityofgalveston.org/
または、該当ページの原文、米国の各ニュースサイトをご確認ください。

ヒューストン市: http://www.houstontx.gov/
ガルベストン郡: http://www.gcoem.org

ハリケーンアイク ガルベストンの復興状況 現地10月28日 [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の10月28日(火)の夜です。
Web上の表示を見ると、気温は 約14℃/晴れ 今日は寒いようです。


・港湾
2つあるクルーズターミナルのうちの1つが再開されます。
ハリケーンIKEによりガルベストンのフェリーターミナルは大きな被害を受けました。
クルーズ船はガルベストン湾内の航路が復旧してからはヒューストン港を使っての仮運行をしていました。
ようやくガルベストン港で続けられていた復旧工事が終わり、ガルベストン港のフェリーターミナルが再開されます。
今度の土曜日(11月1日)に、ハリケーン以来初めてのメキシコ湾クルーズ船がガルベストン港から出発します。
残りのターミナルは12月13日を目途に復旧予定です。

ガルベストン港からのメキシコ湾へのクルーズ発着が活発化したのは約8年前からだそうです。
現在はメキシコ湾内への4日間、5日間、7日間の定期クルーズが行われており、島の重要な観光産業の一つとなっています。
このガルベストン港のクルーズターミナルは、メキシコ湾岸で最も発着数の多いクルーズ船基地だと言われています。
港の2つのターミナルからは、毎年50万人以上の乗客が訪れメキシコ湾クルーズを楽しんでいます。

クルーズターミナルが再開されると島には多くの観光客が訪れます。
現在島でOPENしている主要観光施設は、大型帆船エリッサ号、豪邸ビショップパレス、ムーディガーデン(一部の施設)です。
多くのホテル、催事場も営業をしています。
しかし、11月になっても個人経営の観光客向けのショップがどの程度営業を再開できるかは分かりません。


・住宅援助とケースマネジメントサービス
ハリケーンアイクに被災し、家に住めなくなった島民は数多くいます。
彼らは現在も、島や周辺のホテルやモーテル、親戚や知人の家、キャンピングトレーラー、避難所などに身を寄せています。
ホテルやモーテルに身を寄せている避難者の多くがFEMAの補助で宿泊費を払っていますが、この補助が11月中で切れます。
キャンピングトレーラーについても、期限付きで設置が認められたものであり、来年のハリケーンシーズンまでには撤去しなければなりません。
家に住めなくなった人たちの住宅再建の見通しは全く立っておらず、これらの人々の将来に不安が広がっていました。
そんななか、FEMAはIKE被害で家に住めなくなった家族に、一時的な住宅レンタル支払いとケースマネジメントサービスを提供する「DHAP-アイク」制度を発表しました。
「DHAP-アイク」制度は2008年11月1日よりスタートします、Housing Authoritiesは、FEMAによって資格があるとされた家族に住宅レンタル支払いをします。

DHAP
Disaster Housing Assistance Program(災害時のレンタル住宅援助とケースマネジメントサービス)
メキシコ湾岸ハリケーンに影響を受ける居住者のために、継続的なレンタル住宅援助を管理します。
ハリケーンカトリーナとハリケーンリタの被害時に約45,000家族に対し援助が行われています。


************
以上は、要約です公式なものではありません。
詳しくはガルベストン市公式サイト
http://www.cityofgalveston.org/
または、該当ページの原文、米国の各ニュースサイトをご確認ください。

ヒューストン市: http://www.houstontx.gov/
ガルベストン郡: http://www.gcoem.org

ハリケーン アイク による被害状況 上陸から1ヶ月分 [ハリケーンIKE Galveston]

ハリケーン アイク による被害状況 避難開始から約1ヶ月分のまとめです。
ガルベストン市(ガルベストン島) テキサス州 アメリカ合衆国

9月10日
島の西の地区に避難指示、残りの全島民に避難勧告
9~11フィートの高波と高潮、そして40~60mphの風の被害に備え準備するように勧告。

9月11日
全島民に対し避難指示
養護避難用に75台のバスを用意し、オースチン市の避難所へと運びます。
避難は午後2時00分に始まり、午後6時30分には終了しました。

9月12日ハリケーンが接近、シーウォール大通りに波が入る。
午前10時00分 市街地以外への水道の送水停止
4万5千人ほどの市民が島から避難しましたが、2万人近くの市民が当局の指示に従わず島に残ったと見られます。
夜間外出禁止令、午後8時00分~午前5時00分

gal1ike2n500.jpg

9月13日ハリケーン アイク(IKE)が午前3時頃にガルベストン島に上陸。
アイクは「カテゴリー2」の勢力だが、それは「カテゴリー3」に、ほんの少しだけ届かないだけの強い勢力でした。
アイクの風速は110マイル/時(時速177km/風速49m/s)で、日本では「非常に強い台風」に分類されます。
また付近の観測所では144マイル/時(時速232km/風速64m/s)も観測されています。
そして海では、うねりが12フィート(約3.7m)、波の高さは26フィート(約7.9m)にもおよびました。

電気・上下水道・ガス・電話・携帯電話インターネットケーブルテレビ が停止
ハリケーンの高波と高潮により島の8割近くが冠水、強風により家の屋根や壁が壊れる。
冠水した島から400人以上がヘリコプターで救助され、島に残った人のうち合計で2,000人程が救助された。
島は閉鎖され、残っている市民には避難を指示。
避難者に対し避難所行きのバスを14日に用意。
島に入れるのは災害救助復旧要員のみとなります。

galww.jpg

続きを読む


ハリケーンアイク ガルベストンの復興状況 現地10月26日 [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の10月26日(日)の夜です。
Web上の表示を見ると、気温は 約23℃/晴れ です。

<<ガルベストン>>

新潟で募金スタート
ガルベストン市の姉妹都市 新潟市で募金がスタートします。
「市報にいがた」に掲載されています
ガルベストン市ハリケーン 被災者救援募金に協力を
http://www.city.niigata.jp/sihou/2008/081026/index.html


・町を守る堤防
ハリケーンアイクによる高潮でガルベストン島の8割近くが浸水したのに対し、隣接するテキサスシティでは殆ど浸水被害がありませんでした。
それはテキサスシティの湾岸全域に堤防が造られていたからです。
湾岸の12.5マイルに設けられた高さ19フィートの緩やかな堤防と3ヶ所の排水機場は、それが1961年に完成してからこの地を襲ったハリケーンから町を守り続けました。
ガルベストンでは海岸に設けられた10マイルのシーウォールが市街地を高波から守りましたが、島の反対側の湾岸から押し寄せる高潮には無力でした。
市街地は湾岸からの高潮が押し寄せ、郊外では海岸からの高波と湾岸からの高潮のダブルパンチに襲われました。
このままでは、洪水にさらされる危険の多いガルベストン島に見切りをつけて島から離れる企業や住民が多く出てくるのではと懸念されています。
ガルベストンが本当に復興出来るかは、今後いかにしてその細長い島をハリケーンから守るかにかかっています。

写真はハリケーン前のものです
テキサスシティの堤防
tIMG_7719.jpg

ガルベストンの堤防
P2208635g.jpg


************
以上は、要約です公式なものではありません。
詳しくはガルベストン市公式サイト
http://www.cityofgalveston.org/
または、該当ページの原文、米国の各ニュースサイトをご確認ください。

ヒューストン市: http://www.houstontx.gov/
ガルベストン郡: http://www.gcoem.org

ハリケーンアイク ガルベストンの復興状況 現地10月25日 [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の10月25日(土)の夜です。
今日、アラモ小学校の避難所が閉鎖される予定になっていました。
結局どうなったのでしょうか・・・?
明日になれば分かると思います。
Web上の表示を見ると、気温は 約20℃/曇り です。

<<ガルベストン>>

・ガレキ災害ゴミの除去
ハリケーンIKEによる全島避難から、島民が島へ戻ることが許されてから一ヶ月経ちましたが、市の道路沿いにはまだ災害ゴミの山が見られます。
市の契約業者により、既に883,000立方ヤード以上のガレキや災害ゴミが除去されていますが除去はまだ途中です。
市は各家庭に、11月末までに家のガレキや災害ゴミを片付けるようにと呼びかけています。


・避難所
700人以上が集まった22日のタウンミーティング後に、連邦当局によりアラモ小学校の避難所の閉鎖が予定が日曜日から無期限に延期されました。
しかしその後、市は、ショールズ国際空港そばに新たな避難テント村を至急構築し、日曜日には島内の避難所の人たちをそちらに移動すると発表しました。
避難所の縮小に伴い、島内への避難所は受け入れを取り止めていましたが、24日にオースチンとサンアントニオの避難所から戻る約150人だけは新たに受入れると発表しました。
この週末、避難所に身を寄せていた人たちの生活がいったいどうなるのか不安と心配が広がっています。


・仮設住宅
市は、ハリケーンの時に冠水する危険がある氾濫源へのトレーラーハウスによる仮設住宅の設置を認める事を決めました。
現在ハリケーンIKEにより家を失った市民の為に大量の住宅が必要とされています。
しかし、使用できる開きアパートの数は限られています。
トレーラーハウスを設置しようにも、いくら探しても島内には適切な土地が確保できませんでした。
市は苦肉の策として、建物の規制がある氾濫源へのトレーラーハウスの設置を2010年4月までの期限限定で許可する事を認めました。


・官僚的処理
ハリケーンによりどの程度の被害を受けたかにより、救済の受けられる範囲が決まっています。
その被害基準はFEMAの調査官によって決められます。
ところが、被害査定があまりにも非現実的なために、路頭に迷っている市民がいることがタウンミーティングで明らかになりました。
ある市民は、家が柱を残してほぼ倒壊状態になっているのに、FEMAの査定は「住める」という事で、寝起きする場も無く生活に困っているそうです。
FEMAの調査員も人間なので間違いはあると釈明していますが、しかし間違いを市民が訴えても、聞く耳を持たない的な官僚的な処理に対し、大きな不満があがっています。


************
以上は、要約です公式なものではありません。
詳しくはガルベストン市公式サイト
http://www.cityofgalveston.org/
または、該当ページの原文、米国の各ニュースサイトをご確認ください。

ヒューストン市: http://www.houstontx.gov/
ガルベストン郡: http://www.gcoem.org

○昨日一昨日とパソコンの無い環境にいたので、2日間この項目の更新が空いております。

ハリケーンアイク ガルベストンの復興状況 現地10月22日 [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の10月22日(水)の夜です。
Web上の表示を見ると、気温は 約23℃/曇り です。

<<ガルベストン島>

・タウンミーティング
市民とガルベストン市・連邦当局とのミーティングが開催されます。
会場は島コンベンションセンターで、22日の午後5時30分に始まります。
ハリケーンIKEによる被害で、未だ家が住めない状態にある市民への住宅供給の見通しが不明な点が話し合われると思われます。
こんどの日曜日に島の2箇所の避難所が閉鎖されるのに、そこに住んでいた約500人の行き場は未だハッキリしていません。


・FEMAからの避難民を受入れないホテル
未だ家が住める状態には無い市民が多いガルベストンでは、すでに多くのホテルは避難民により満杯状態になっています。
そして、もしも空が出ても、既に再開されている結婚式や今後予定されるコンベンション、観光業者の部屋の予約などに対応するため、FEMAからの避難民の受け入れを渋っています。
観光収入を重視する市は、12月には観光客を受入れるつもりで復興を急いでいますが、そのとき島に観光客の泊まるホテルがあるのかも疑問です。
あと数日で閉鎖されるアラモ小学校の米赤十字の避難民が、首尾良くFEMAからホテル滞在の認定をもらったとしても、彼らの行く先は無いかもしれません。


・閉鎖されたままの2つの小学校
ハリケーンIKEによる被害が大きい島内の Scott Elementary School と Burnet Elementary School は今年授業を再開することは出来ません。
損害額が大きいため壊される可能性もあると言われています。
しかし、その損害額の算定には疑問があると多くの学校関係者が言っています。
この2校は生徒数はかねてより減少傾向にありました。
現在避難所として使われている Alamo Elementary School は、生徒の数が減ったために2年前に閉校されています。
IKEの前から教育の予算不足額が続いている学区が、ハリケーン被害を言い訳にして Alamo Elementary School に続きこの2校を閉鎖するつもりなのではないかと、学校関係者は懸念しています。


・ガルベストン長大橋(Galveston Causeway)は11月開通予定です
島と本土を結ぶ新しい橋は、3車線ずつの平行した2本の橋です。
現在は、先に架け替えられた片側の橋をコンクリートウォールで仕切り、狭い車線での対面通行で運用されています。
もう片側の橋は10月に開通をする予定でしたが、ハリケーンIKEの影響で開通予定が遅れています。
IKEにより橋の付帯施設が被害を受け、工事も一時止まりました。
道路上のガレキが片付けられ工事が再開されます。
関係者は、天候に恵まれ工事が順調に進めば11月には開通すると発表しました。
島への往路復路それぞれ3車線と補助車線を備える新しい橋の開通することで、本土とのアクセスが改善されます。



************
以上は、要約です公式なものではありません。
詳しくはガルベストン市公式サイト
http://www.cityofgalveston.org/
または、該当ページの原文、米国の各ニュースサイトをご確認ください。

ヒューストン市: http://www.houstontx.gov/
ガルベストン郡: http://www.gcoem.org

続きを読む


ハリケーンアイク ガルベストンの復興状況 現地10月21日 [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の10月21日(火)の夜です。
Web上の表示を見ると、気温は 約23℃/曇り です。


<<ガルベストン島>>

・仮設住宅用地
ヒッチコック市は「飛行船基地」を仮設住宅用のトレーラーハウスの為に提供すると決めました。
「飛行船基地」ガルベストン対岸の本土側にあるヒッチコック市のFM2004沿いにあります。
土地はトレーラーハウス用に区画分けされ、ガルベストン郡とガルベストン市の従業員に18ヶ月間に渡り使用できます。
「飛行船基地」:1940年代から20年ほど使われていた軟式飛行船の基地の跡地。Blimp Base Blvdのそば。
The City of Hitchcok
Naval Air Station Hitchcock Blimp Base
http://www.hitchcockidc.org/blimpbase.html

Air Station Hitchcock Blimp Base




・水の使用規制の撤廃
ガルベストン市はハリケーンIKEの被害により島内で続いていた節水規制を10月21日(火)をもって解除すると発表しました。
これは、島内での上下水道の復旧が進んだためです。
先に順次解除されていた沸水規制と共に節水規制が解除されたことで、IKE災害による水の使用に関する規制は全て撤廃されました。


・FEMA災害復旧センターの運用時間変更
季節が夏から冬へと変わるにしたがい早まる日没に対応し、10月23日(木)よりセンターの運用時間が変更されます。
その運用時間は概ね30分から1時間早まります。
FEMA災害復旧センターは月曜日から土曜日まで午前9時から午後5時30分のあいだ開いています。
日曜日は休みます。
ただし移動復旧センターのみ日曜日も対応します、時間は午後12時30分から午後5時30分までです。


・置き忘れられた容器とドラム缶
米環境保護局は、ハリケーンアイクの後に置き忘れられた容器とドラム缶を回収するために市民の協力を要請します。
それはプロパンガスボンベや化学薬品の入った容器かもしれません。
家の庭や歩道で、それらを見つけたときは米環境保護局(EPA)まで電話してください。
EPAは回収し適切な処理をします。



************
以上は、要約です公式なものではありません。
詳しくはガルベストン市公式サイト
http://www.cityofgalveston.org/
または、該当ページの原文、米国の各ニュースサイトをご確認ください。

ヒューストン市: http://www.houstontx.gov/
ガルベストン郡: http://www.gcoem.org

ハリケーンアイク ガルベストンの復興状況 現地10月20日 [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の10月20日(月)の夜です。
Web上の表示を見ると、気温は約20℃/晴れです。

<<ガルベストン島>>

・Island Transit
休日ダイヤ相当で運行されていた島内のバスですが、月曜日から土曜日までは土曜ダイヤでの運行に変更されます。
バスは Dial-A-Ride の運行もします。
参考:Dial-A-Ride
通常運行のバスを利用できない老人や障害者からの電話のコールによる定期ダイヤ以外でのバス運行。
Island Transit http://www.islandtransit.net/


・郵便状況改善のためクラスターボックス設置
島内の郵便配達は80%程度まで回復しています。
しかし、まだ家に住めない人や営業できない企業も多く集配状況はなかなか改善しません。
郵政公社は当面の対処法として、島内に多くのクラスターボックスを設置することにしました。
参考:クラスターボックス Cluster Box Units
手紙や小包の投函に加え私書箱なも備えた多機能な大型郵便ポスト


健康状況に注意
島で舞い上がる塵は、住民に呼吸器疾患を引き起こしています。
普通のマスクだけでは微細な塵を完全に防ぐことは出来ません。
医院には、塵やカビによる呼吸器疾やアレルギー症状の患者が多数訪れています。
また、刺し傷や切り傷による感染症の発症も少なくはありません。
そして、ストレスからくる不眠症など精神的な病に悩まされる人も増えています。
体に異常があるなら、速やかに診察を受け適切な処方をしてもらってください。



<<姉妹都市 新潟市>>
10月20日の新潟市長の記者会見で、「姉妹都市ガルベストンハリケーン災害募金」の活動に関して発表がありました。
現時点の会見記事URL
http://www.city.niigata.jp/info/koho/koho-kaiken.htm
「発表資料」を見ても、「資料なし」なので何のことか分かりませんが・・・・
*夜見たら内容がUPされていました!


************
以上は、要約です公式なものではありません。
詳しくはガルベストン市公式サイト
http://www.cityofgalveston.org/
または、該当ページの原文、米国の各ニュースサイトをご確認ください。

ヒューストン市: http://www.houstontx.gov/
ガルベストン郡: http://www.gcoem.org

ハリケーンアイク ガルベストンの復興状況 現地10月19日 [ハリケーンIKE Galveston]

日本と-14時間の時差のあるガルベストン島は、前日の10月19日(日)の夜です。
Web上の表示を見ると、気温は約20℃/晴れです。
気づいたら、IKEがガルベストンを襲ってから、もう6回目の日曜日となりました。

<<ガルベストン島>>

・閉鎖されるアラモ小学校の避難所
空港の西に位置するアラモ小学校に設けられた米赤十字の避難所は10月26日に閉鎖されます。
閉鎖に伴い避難所で暮らしている人を調査したところ、大部分は正式な市民で無いと言うことが分かりました。
正式な市民でなくとも、何らかの形でIKEの前からこの地に住んでいた人々が多いようです。
彼らがFEMAの仮設住宅に入るためには、ガルベストン住宅局の管理プログラムに登録されなくてはなりません。
その為には、まず、FEMAの災害対応センターで名前を登録してください。


・住宅の再建
ハリケーンアイク上陸時には強風が吹き荒れ、高潮で約8割の地域が冠水したガルベストン島の多くの家屋が破損されました。
IKEが去った後、島民が避難した島内には倒壊や半壊状態の建築物が点在していました。
それから一ヶ月以上経って、島では、ようやくガレキの除去や家の掃除の目途が立ってきています。
そんななかで、建物の所有者や事業主の多くが再建の為の資金難に直面しています。
たとえ彼らが保険に入っていても、支払われる保険額は損害を復旧するには全く不足しています。
資金に余裕のある中流階級以上の市民や、大企業の支店などなら災害から復旧することは問題ないでしょう。
しかし、自己資金の用意できない一般市民は、容易く資金の融資を受けることは出来ません。
それは米国が金融危機状態にあり、さらに景気も悪化しているからです。
市は島に住んでいた住民が、再建を諦め島を去る事を心配しています。
郊外に立ち並ぶウィークエンドハウスやビーチハウスなどの、滞在型のセカンドハウスの持ち主が見切りを付ける事も懸念されています。
観光が島の重要な産業のひとつですから。
これらの資金が乏しい彼らの為の、再建の為の資金調達には、まだ光は見えていません。


・大統領選の事前投票スタート
10月20日(月)より大統領選の事前投票が始まります。
郵便がまだ復旧中であり、さらに配達先の家がハリケーンにより壊れているなどして、選挙人登録カードの配達の遅れが出ています。
そして郵便配達の遅れのため、10月6日締切りの選挙人登録カードが未だ選挙管理オフィスに届けられています。
IKEの混乱のため有権者リストの確定が遅れていますが、当局は24時間体制で作業を進めています。
事前投票について不明な点は当局にお問い合わせください。

続きを読む


前の15件 | - ハリケーンIKE Galveston ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。